全日少 連盟所属チームが大活躍しました!

こんにちは!手代木SCヘッドコーチの金井です。

10月、11月に行われた、全日本U-12サッカー選手権大会、通称「全日少」では連盟所属チームが大活躍してくれました!

今回はその総括として、県大会に出場した桜FC、手代木SCの活躍を紹介したいと思います⚽

【県大会試合結果】

・桜FC

1次リーグ

vs FC ヴェレン大洗  2-1〇

vs 湊第三SSS      1-1△

vs 古河ジュニアSC   2-0〇

→グループ1位で決勝トーナメント進出!

決勝トーナメント

1回戦

vs 境トリニタスジュニア   0-3●

最終成績 ベスト16

・手代木SC

1次リーグ

vs 新庄常盤SSS               9-0

vs ウィングス北関東        0-0△

vs 大沼SSS                      3-0〇

→グループ1位で決勝トーナメント進出!

決勝トーナメント

1回戦

vs 八原SSS      4-1〇

2回戦

vs 境トリニタスジュニア 1-0〇

準決勝

vs ばらきSC      4-1〇

決勝

vs 鹿島アントラーズつくばジュニア 0-1●

最終成績 準優勝

以下、担当コーチのコメントです!

・桜FC 眞鍋尊彦コーチ

「学年別県大会での敗戦後から、
・目の前の相手に絶対負けない
・ゴール前で体を張る
ことをテーマに練習に取り組んできました。
今回の全日少では、ここ数年突破できていなかった1次リーグを劇的な形で突破し、桜FCの成長を感じることができました。
しかし、決勝トーナメントでは、目の前の1対1に負け、ゴール前で体を張れず、完敗でした。

6年生が卒業するまでの残り4ヶ月、今回の悔しい結果を糧に、1日1日精進していきます。

今後とも桜FCをどうぞよろしくお願い致します。」

・手代木SC 福田紘平メインコーチ

「今大会、選手達は目標であるベスト8に向けて、本気で取り組みました。高い目標を掲げるに見合う、トレーニング、努力をしてきました。スタートで出る選手だけでなく、出場機会が少ない選手が本気で取り組んでいたことも、チームとして結果を残せた要因の1つだと思います。

決勝戦の結果は非常に悔しいですが、相手チームの方が一枚も二枚も上手だったので、納得のいくものだと思います。

選手達にはこの大会期間中、本当に楽しませてもらいました。ありがとう。まだ卒業まで4ヶ月あるので、共に成長していきたいと思います。

スタジアムまで来て下さった方、遠方で結果を気にして下さった方、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。」

河合祐次郎サブコーチ
「まずは先日、遠くカシマスタジアムまで応援に駆けつけてくださった方々、本当にありがとうございました。
選手達もとても喜んでいました。

今大会、手代木SCは
準優勝を果たしました。正直驚きもありますが、彼らのこれまでの練習に対する姿勢、努力の積み重ね、何よりサッカーが大好きだという素直な気持ちがあったことを考えると、納得できます。

選手には、6年間の集大成。今までの感謝の気持ちを持って臨もう。と伝えてました。

彼らは、感謝の気持ちを感動で返してくれました。
この学年を担当できた自分は幸せ者です。6年生のみんな、ありがとう!」

6年間の集大成ともいえる全日少。結果を出せたチームもそうでないチームも、

一生懸命にプレーする6年生の姿が本当に輝いていました。

6年生のみなさん、本当にお疲れさまでした!

6年生に負けじと、5年生も頑張っています!

11/2(日)に行われたスポーツデポカップ(前中村杯)県南地区予選1次リーグの結果、

桜南ファイターズFC、乙戸SC、サンダーズFC、竹園西FCが2次リーグに進出しています!

今週末、2次リーグが行われますのでぜひご声援をよろしくお願いします!!

シェアする

フォローする